Article

        

【スタッフの投稿】初夏の玉原湿原

2022/ 07/ 05
                 

2022年6月19日

群馬県沼田市にある玉原湿原に、公共交通を利用して行ってきました。「小尾瀬」とも呼ばれる豊かな植生を楽しんできましたので、紹介させていただきます。

天候は晴時々曇り。
JR上越線 沼田駅から9:20発たんばら行き(関越交通の路線バス)に乗り、10:25終点下車。バスは土日のみ、一日に3本でます。
バス停から歩き出すと沢山の草木が出迎えてくれます。

日本海要素のタニウツギが咲き始めていました。



花弁が5枚のツリバナの花。

少し歩くと花弁が4枚のヒロハツリバナもありましたが、こちらは花が終わりかけでした。


ヤマハゼは間もなく花が咲きそう。


オオバクロモジは花が終わって小さな実ができていました。


蕚片が目立つツルアジサイ。花が咲くのはもう少し後のようです。


サンショウクイが木々の間を鳴きながら飛びまわっています。斜面の藪に飛び込むときに、姿を見られた人もいたようです。

川沿いに咲くクリンソウ。色鮮やかに咲いていました。


道路わきに咲くノビネチドリ。踏みつけないように気を付けないと。


サトヤマキマダラヒカゲ。給水中?


湿原入口に入ります。


ハクサンタイゲキが花盛りです。


サワフタギの蕾も、間もなく開くでしょう。


紅い花が目立つガクウラジロヨウラク。


ヒオウギアヤメが沢山咲いていました。ハクサンタイゲキとのハーモニーがきれいです。



草の間に小さくひっそりと咲くツマトリソウ。


ワタスゲの見える湿原風景です。

標高は1200mくらいということで、東京よりやや涼しく、過ごしやすい気温でした。
帰りは「たんばら」13:55発、沼田駅行のバスに乗車しました。


                                          山本明子


                         
                                  

コメント