Article

        

【イベント実施報告】春の草花と名瀑を訪ねる ~浅間嶺と払沢の滝~

2023/ 04/ 11
                 

前日の雨はどこにやら、朝から真っ青な空が広がり、気温は低めなものの暑すぎず寒すぎず、快適な気候の中で開催されました。


人里(へんぼり)でバスを降りてはじまりの会を行ってから、人気のある人里バス停脇のヤエベニシダレザクラ(八重紅枝垂桜)から観察を開始しました。満開を迎えた桜は、ここ1-2日の雨に打たれて僅かに散り始めていましたが、とても美しい姿を見せてくれました。でも参加者の皆さんは、この後も次々と美しい風景を満喫することになります。

img_643499a1bd462.jpg

浅間嶺の尾根には、人里峠へ上がる山道を登ってゆきます。その道中、路脇や川岸、空き地などにさまざまな花が現れて、なかなか前に進めません。スミレではヒメスミレ、タチツボスミレ、オトメスミレ、アカネスミレ、オカスミレ、エイザンスミレ、ナガバノスミレサイシン、マルバスミレ、ヒナスミレなどが顔を出してくれます。スミレも色や形の変異があるので、まず植物全体の特徴を捉えるようにするのがお勧めです。マルバスミレはいつもニコニコしている食堂のおばちゃん、エイザンスミレは気品のあるお嬢様、ヒナスミレはちょっと頬をピンク色に染めた可愛らしいプリンセスなどと訳のわからないことを解説しながら人里峠までの急な斜面を登りました。

img_64349a3edbdb4.jpg

ヒメスミレを観察中

img_64349a63ee451.jpg
ナガバノスミレサイシンの観察中


img_6434a09337936-scaled.jpg
マルバスミレ

img_64349c27ad211-scaled.jpg
エイザンスミレ


img_64349be5c86a4-scaled.jpg
ヒナスミレ

浅間嶺の展望台付近ではエドヒガンが満開を迎えており、いくつかある枝垂れ桜と共に辺りをピンク色に染めています。この時期には珍しく富士山がくっきり見え、奥多摩の山々が手を伸ばせば届きそうなほど近くに見えます。


img_6434b6f0443ea.jpg
浅間嶺からの富士山


途中には広範囲に皆伐をした中を歩く場所もあり、その高度感にちょっと腰が引けながらも、陽が当たってたくさんの花が咲いている道を歩いて行きます。カタクリやミヤマエンレイソウ、ニリンソウ、モミジイチゴなどが目を惹きます。見上げれば雲一つない空の下にまさに「春山淡冶  として笑うが如く」風景が続き、思わずうっとり。

img_6434b70c5e09c-scaled.jpg

img_6434a5a323ae4-scaled.jpg

img_6434a2ca65b69.jpg
ミヤマエンレイソウ


img_6434a38b08673-scaled.jpg
モミジイチゴ


降りでは沢沿いの道になり、また違った植物が出てきます。ミツバコンロンソウ、ヨゴレネコノメソウ、ツルネコノメソウ、ハシリドコロ、ツルカノコソウなどです。


里に降りてから、もう一つの目玉である払沢の滝に向かいます。全長60メートルと言われる4段の滝の下2段までしかみることはできませんが、それでもなかなかの迫力です。ここは東京都では唯一日本の滝100選に選ばれている滝です。周辺の道路は整備され、道沿いにはヤマルリソウやコチャルメルソウなどが咲いています。楓が多くあり、秋の紅葉のシーズンも良さそうです。


img_6434a8a8d56ae.jpg
払沢の滝


img_6434b3c9c8edb-scaled.jpg
ヤマルリソウ


「高尾山に引けを取らないスミレの多さにびっくりした」「ちょっと疲れたけど、素晴らしいお花畑街道でした」「山笑う春を満喫できた。ヤマルリソウが何と言ってもきれいだった」「ミツバコンロンソウ、ツルカノコソウ、ミヤマエンレイソウ、ハシリドコロなど地味だが、気になっていた草花を確認出来て良かった」などの感想をいただきました。


参加者の高木さんからお送りいただきました。
E15096AD-21B8-4AA0-896F-390A987D4FC4_202401211010116d9.jpg
人里バス停の八重紅枝垂

sDSC00511_20240121101013132.jpg
上皇様御成婚造林地


 

岡本俊彦

                         
                                  

コメント