「」の記事

イベント一覧

2024/04/01         

******************************************上の「イベント一覧」バナーをクリックしてください。今後のイベント情報が一覧表形式で表示されます。************************************開催日の1ヶ月前の同日から受付を開始します。申込み欄が「受付中」となりましたら、そこをクリックすると、申し込みフォームに飛びますので必要な情報を入力...

【イベント情報】中禅寺湖とシロヤシオ〜日光・高山〜 5/27(月)

2024/04/20         

 日光の中禅寺湖と戦場ヶ原の中間に丸くそびえている山が標高1668mの高山(たかやま)です。標高約1300mの竜頭の滝バス停から中禅寺湖畔を歩き、トウゴクミツバツツジ、シロヤシオ、ヤマツツジ等の花々を愛でながら、ツツジの花のピンク、朱色、白色に染まった高山の山頂を目指します。下りはシャクナゲの花や大きなブナ、カラマツの林を抜けて往路とは違う雰囲気を味わいながら歩きます。歩行距離約10km 高低差約600m ★★★:...

【スタッフの投稿】春の裏筑波はお花でいっぱい

2024/04/18         

 2024年4月10日晴れ 裏筑波にお花を求めて行ってきました。コースはつつじヶ丘から東筑波ハイキングコースを歩いて、筑波山キャンプ場から女体山に登り、そこから男体山を往復して、ロープウエイで降りました。2023年秋の裏筑波に参加された方は、ほぼその逆コースになります。まず東筑波ハイキングコースではたくさんのニリンソウと、もっとたくさんのトウゴクサバノオが出迎えてくれました。ニリンソウトウゴクサバノオニ...

【スタッフの投稿】イワウチワの群生地 花瓶山

2024/04/17         

花瓶山は、栃木県と茨城県が接する大田原市に位置する標高700mに満たない山です。近年地元の方々が山を整備し、植物を守っている場所です。岩場の急斜面を登っていくところではちょうど目の前に優しいピンク色や、中には白いイワウチワが、カーペットのように広がっているのを見ることができました。ほとんどが植林地ですが、山頂近くには立派なブナが現れてきます。登山道沿いは近年盛んに植林伐採が進んでいる様子で、道沿いにド...

【イベント実施報告】春爛漫の花の山~秩父・美の山

2024/04/12         

穏やかに晴れた一日でした。参加者19名とスタッフが、予定通り秩父鉄道の和銅黒谷駅に集合しました。最初の目的地である聖神社は、自然銅の発見を祝い和銅元年(708年)に創建されたところだそうです。日本最初の通貨、和同開珎(銅銭)の大きな模型があります。ちなみに和銅は純度の高い自然銅のことを指し、同時に年号の名前でもあります。一方、和同は銭の名前です(同じ読み方なので混乱します)。和同開珎もワドウカイホウと...

【イベント実施報告】ミツマタ群生地で早春の花探索〜丹沢・不動尻〜 

2024/03/26         

小田急線伊勢原駅に集合、バスに乗車し広沢寺温泉入口バス停で降車して、ミツマタ大群生地である不動尻と不動の滝に向かいます。道々では、咲きはじめたタチツボスミレ、ノジスミレ、アオイスミレ、キュウリグサ、ヒメオドリコソウ、ハルユキノシタ、ダンコウバイ、フサザクラの花を楽しみました。曇りがちの天気も日が差し始め、不動尻のミツマタ群生地では日差しの中に黄色いミツマタの花が一面に輝いていました。不動尻の広場で...

【イベント情報】春爛漫の花の山~秩父・美の山

2024/02/18         

 蓑山は秩父盆地の一角にこんもりと盛り上がる箕を伏せたような姿の山で、頂上部分の美の山公園の名から美の山とも呼ばれます。春になると8,000本のサクラや、フデリンドウ、ヤマオダマキ、ホタルカズラ、ヒメハギ、イカリソウ、ヒトリシズカやスミレ類などの多くの山野草が咲き誇ります。標高587mの低山ですが頂上からは秩父連峰、日光連山などが見渡せる素晴らしい展望が開けています歩行距離約7㎞ 高低差約400m★★:登山(...