【下見報告】 スミレとアカヤシオの尾根歩き 〜奥武蔵 金比羅尾根〜

本番予定日:2021年4月16日(金)
下見実施日:2021年4月2日(金)4月9日(金)
開催場所 :奥武蔵 白雲山ー金比羅尾根

春真っ盛りの奥武蔵でのハイキングを計画しましたが、残念ながら新型コロナ蔓延防止等重点措置が発令され中止となりました。今年は例年よりも春の訪れが早く、下見時でもタイトル通りのたくさんのスミレと、満開のアカヤシオを見ることができましたので報告いたします。

降り立ったバス停からなんとベニマシコが現れてスタッフ一同大興奮!なかなか出発できません。さらに普段姿を見せてくれないウグイスやホオジロも出てきて更に進みは遅くなります。まあ下見はいつもこんな感じですが(^ 。^;)
やっと白雲山 鳥居観音に入ります。早速出迎えてくれたのが満開のミツバツツジでした。ミツバツツジのトンネルをくぐり登ってゆくと、アカヤシオの登場です。ミツバツツジのちょっと紫がかった花と、アカヤシオのピンク色の花の配色がとても綺麗です。花の形もミツバツツジはシャープな感じですが、アカヤシオは丸くてかわいいですね。
しばらく登るともう一人の主人公であるマキノスミレが顔を出してくれました。色は個体差がありますが、こちらも綺麗です。
大観音の近くではイワウチワが岩壁にへばりつくように咲いています。これもかわいい。
ここ白雲山 鳥居観音は、実は紅葉の名所でもあります。秋に訪れてみるのも良いと思います。
さて時間は相当押してきましたが、急坂を登って金比羅神社跡に出ます。ここからは金比羅尾根を降ります。
途中名栗湖の先に棒ノ嶺が見えます。南にひらけた草地ではさまざまなスミレが咲き乱れていました。
ベニマシコ
1_20210516092001
ウグイス
2_20210516092001
鳥居観音境内ミツバツツジのトンネル
3_20210516092001
ミツバツツジ
4_20210516092001
かわいらしいアカヤシオ
5_20210516092001
鳥居観音境内はツツジで染まっています
6_20210516092001
マキノスミレ
7_20210516092001
ピンク色のイワウチワ
8_20210516092001
なかなか先の見えない状況ではありますが、花たちは関係なく咲き続けてくれています。
来年にはみなさんと一緒に春の花たちに会いに行けることを楽しみにしています。
報告 岡本俊彦

コメント

タイトルとURLをコピーしました