【下見報告】湯河原幕山公園~梅と早春の草花 自然の絶景を楽しむ

本番予定日:2022年2月24日(木)(中止)

開催予定場所  :湯河原幕山公園

新型コロナ感染状況を鑑み、残念ながら「梅と早春の草花、自然の絶景を楽しむ 〜湯河原幕山公園〜」は中止とさせていただきました。

来年実施のための下見を2月25日(金)に、スタッフ4名で実施しましたときの様子をお届けしますので、レポートと写真でお楽しみください。

天気は快晴でハイキング日和でした。JR湯河原駅からバスで15分、幕山公園で下車しました。公園入り口で検温後、入園しました。幕山斜面の梅林を見渡すと、例年よりは開花が遅れており、あと一週間程が見頃という感じでした。

幕岩  柱状節理の岸壁で、歌舞伎の幕のようなので幕岩と名づけられた。

紅梅と枝垂れの白梅

斜面には咲き始めの梅と何やら常緑の木に白い花?が‥‥。
よく見るとヤブツバキの葉に、陽の光が白く反射して花のように見えたのでした。
咲き始めの梅とヤブツバキの照葉

梅林  幕山公園管理棟前の早咲きの白梅が7分咲きで、メジロが蜜を吸いにやってきていました。

散策路沿いには、スイセンが咲き始めていました。

幕山山頂までは、散策路を時計回りのコースで、新崎川、山の神、大石ヶ平で登りました。新崎川近くでは、野鳥が見られます。

ジョウビタキ(オス) 名前のジョウ(尉)とは、老人を意味し、頭の色を銀髪に例えたといわれます。そういわれれば白髪頭に見えるかも。

山の神

しばらく舗装道路を歩き、大石ケ平からは山道になります。
ハコネダケのトンネル  ハコネダケは、アズマネザサの一品種で、葉が細い。箱根山付近の火山地帯に生える。

ハコネダケのトンネルを抜けた先は路面がぬかるんでいるところがあり、慎重に登りました。途中、倒木の幹にマメヅタが着生していて胞子葉にはソーラス(胞子嚢)がびっしりついています。名前にツタとありますが、これでシダと分かります。
マメヅタ  丸い葉が栄養葉、楕円形で伸びているのが胞子葉。

幕山山頂(標高626m)に到着、ここで景色を楽しみ、昼食です。
幕山山頂の広場

相模湾と真鶴半島

昼食後、幕山周回路を歩きました。落葉樹の下、心地よい陽がさします。周りの景色もよく見えます。ルリビタキやシロハラがいます。
幕山周回路

梅林に向けて下山します。途中の梅の木の枝にジョウビタキがいました。
ジョウビタキ(メス)

来年こそは皆様と一緒に、湯河原幕山で満開の梅と早春の花、山頂からの相模湾の絶景などを楽しみたいと思います。

報告:吉原 秀敏

コメント

タイトルとURLをコピーしました