【下見報告】 街で見かけるあの木なんの木? ~世田谷・烏山川緑道~

本番予定日:2021年6月6日(日)
下見実施日:2021年5月23日(日)他
開催場所:烏山川緑道とその周辺


緊急事態宣言が発出されたので、本番は中止となりましたが、5月23日までに何回か下見をしてきましたので、その時に見たものをご紹介します。

経堂駅から近くの福昌寺へ向かうと、きれいに整えられた境内には、大きな木が何本も聳えています。農大通りを進んで、大橋まで来ると烏山川緑道にぶつかります。ここから、いよいよ緑道を歩きます。両側に庭木や街路樹としておなじみの樹々がぎっしりと現れます。

今回のルートで世田谷区の名木に指定されているのは、メタセコイア、ケヤキ、モッコク、チシャノキ、イチョウ、クロマツ群、スダジイ群です。そのほかにもムクノキ、エノキ、サクラの仲間などは大木が沢山あります。

万葉の小径では、樹名板とともに万葉集の歌が書かれ、万葉時代の人々の樹々への思いを感じることができます。

福昌寺には高木が何本もあり、その一つ、コウヨウザンは去年の実と今年の実が同時に見られました

Photo_20210529105701

樹を見ていたら、飛んできたオナガ。最近増えているそうです

Photo_20210529105901

色づき始めたアジサイ。色も姿もとりどり。

Photo_20210529110201

アンズは3月に花が咲き、5月には実が見られました。

3月のアンズ

Photo_20210529110301

5月のアンズ

2crop2crop

エゴノキは、早くも花が終わって、実が大きくなり始めました。

Crop

中には、虫こぶとなったエゴの実もありました。

Photo_20210529110801

カエデの仲間も4月に咲いていた花が、5月にはプロペラがついた実になっています。

4月のイタヤカエデ

3_20210529153101

5月のイタヤカエデ

2_20210529111001

緑道を縁どるように植えられた低木では、ビヨウヤナギやキンシバイの仲間が花盛りです。
こちらはキンシバイなどからできた園芸種、ヒペリクム・ヒドコート。

Photo_20210529111101

高木の梢でも、花が盛りを迎えています。

ニワウルシの花です。

Photo_20210529111301

センダンの花は盛りを過ぎていました。

Photo_20210529111401

間もなく芳香を漂わせるモッコクの蕾です。

Photo_20210529111501

都会のオアシス、烏山川緑道は四季折々の顔を見せてくれます。歩くたびに発見がある身近な自然を、皆さんと楽しめる日が早く来ますように。

報告 山本

コメント

タイトルとURLをコピーしました